EDGE(エッジ) > ブログ > 照明さがしは宝さがしに似ている?
ブログ

照明さがしは宝さがしに似ている?

こんにちは♪

EDGE広報部のマリーです。

 

インテリアづくりでいつも躓くのが照明器具選びです。

きっとブンブンと首を縦に振ってくれる人もいるんじゃないかなぁ。

その空間の雰囲気を決定的にしてしまうのが照明ですから

本当は「これだ!」ってものを見つけたいですよね。

 

でもね。

電気屋さんに行っても、

ホームセンターに行っても、

ネットで検索しても、

どうも自分が求めているような照明器具って簡単には見つからない。

 

仕方なく妥協して選んだものを設置したこと何度もあります。

 

ありがたいことに

EDGEのメンバーとして仕事を始めたら

集まる情報量が全然違ってきて。

 

あんなに探してもピンとくるものがなかったのに、

最近はイメージ通りの照明器具が頭の中に

ずいぶんとストックされてきました。

 

そんな中から今日は私のお気に入りを何点かご紹介します!

 

まずはYAMAGIWAのこのデスク用ライト(618S7128B) 。

ハードでかっこいいでしょう!?

男の書斎って雰囲気ですが、案外女性にも人気です。

角度を変えたり手元を集中的に照らすこともできるので、

細かい作業をする方にもオススメです。

 

お次はカフェなどで見たことある! という方も多いかも?

フランスの工業ランプの定番、JIELDEのシーリングランプです♡

なんと美しフォルムでしょう。

年月を重ねるほどいい感じに傷がつき、

ホーロー鍋のように塗装が剥がれ落ちる。

だからこそカッコよくインテリアに馴染むんですねぇ。

あ〜想像しただけでニヤけちゃう。

創業以来変わらぬ製法で職人さんが手作りしているんですよ。

サイズはS、M、Lと揃っているので、設置場所は無限に広がりそう。

私はこの赤に惚れました。

 

まだまだいきますよ〜。

今度は個性派のこちら。

照明の原種?のようなプリミティブな魅力を放つPOINT NO.39シリーズです。

これを灯した部屋で過ごしているうちに

心の中の無駄がどんどん削ぎ落とされていくんじゃないかな。

この照明を最初に選べば、アイデアが無限に広がりそう。

 

流れ的にはこちらにも触れないわけにはいきません!

松本船舶1-DK -Gです。

 

 

昔、家を新築した友人夫婦がおりまして。

横浜は本牧の高台に、まるで船のような白い木造の家でした。

ご主人が大の海好きで、アンティーク家具にも詳しい方で。

玄関ポーチにこの照明がついていたんですよねえ♡

あのとき以来、私はこのランプに憧れております。

お部屋の中に設置してもいい感じになるんですよ〜。

 

最後はダクトレールのあるキッチンやお部屋にオススメしたい

PUTKIainaのスポットライトです。

機能的にも素晴らしいし、見た目も清楚な佇まいでインテリアを邪魔しません。

私は個人的に利用しているシェアオフィスの天井に設置しています。

 

いや〜。

照明選びでモヤモヤしていた頃が懐かしい!

今はむしろ取り付けたいものがありすぎて悩むこと多しです。

最近は、骨董市でアンティークのランプシェードを探し出すのも趣味のひとつ。

照明さがしは宝さがしに似ているな〜っていつも思いながら物色しています。