EDGE(エッジ) > ブログ > どうしても気になってしまう「あの部分」のはなし
ブログ

どうしても気になってしまう「あの部分」のはなし

こんにちは♪

EDGE広報部のマリーです。

 

昔からインテリアの中では家具やファブリックよりも

建具などどちらかというと男性がこだわりそうな?

部分に興味があります。

 

人の家にお邪魔しても、

気になる箇所が我ながらニッチ。

 

とくに「スイッチ」は好きですね〜♡

 

以前中古の分譲マンションに住んでいたときは、

もともと据え付けてあったスイッチがとにかく気に入らなくて、

わざわざ吉祥寺の雑貨屋さんに行ってスイッチカバーを購入し

家中のスイッチカバーを交換しました。

 

こういうの↓

 

ところが、この仕事を始めてから

世の中にはセンスのいいスイッチがたくさんあるんじゃん!

ってことに気づきました。

 

かつてアメリカに留学していた頃、

高校の廊下にあったこんなのとか。

 

TOOLBOXトグルスイッチ

 

昭和レトロっぽくて無骨なこういうのとか。

Panasonic クラシックシリーズタンブラスイッチ

 

どちらもめちゃくちゃ心をくすぐられます〜。

 

私自身はクラシックなタイプが大好きですが、

モダンスタイルが好みの方には、こんなシリーズもありますよ。

Panasonic アドバンスシリーズ タッチスイッチ

 

機能性も秀逸なのはこちら。

LUTRON ディーバ

 

そして無印良品ぽいシンプルなインテリアが好みなら、

こんなシリーズはいかがですか?

 

Panasonic SO-STYLE

 

スイッチって、住まう人にとっては1日に何度も目にする箇所だし

訪ねてきた人の目にも案外目につくものなんですよね〜。(私だけ!?)

 

せっかくインテリアにこだわったのに

スイッチがチグハグだと、すっごく残念な気持ちになっちゃいます。

 

いつか家を好きなようにできる日が来たら、

今度はカバーで対応じゃなく好きなスイッチをつけるんだ♪