女も幸せにする、男の書斎

書斎・リノベーション(標準オプション総額:250万円 / 16平米)

女も幸せにする、男の書斎

THEME

男が書斎を欲しがる理由はなんだろう?
「仕事に集中できる」「家族に邪魔されない一人だけの時間を確保できる」「理由なんてない! ずっと憧れていた男のロマンだから」 どれもきっと正解。
THE EDGEが提案する男の書斎は、そんな男性たちのニーズに100%応えられるデザイン。平日のテレワーク中はしっかりと実務をこなし、オフは好きなお酒を飲みながら趣味の時間を過ごす。いつか叶えたかった男の夢が実現できる空間です。
でも書斎を欲しがる男たちに対して、世の女性たちはちょっぴり否定的。 「家族と過ごすのが嫌なの?」「閉じこもってしまいそう」「自分だけずるい」なんて言葉が聞こえてきます。
ちょっと待って!
喧嘩したとき、ほんの1時間でもその場から離れてクールダウンできたら、自分からゴメンと言える素直さを持ち合わせているのが男です。 それに書斎という名の趣味部屋があれば、リビングやダイニングなど女性たちがセンスを保ちたいスペースを「ガラクタ」で侵食することもありません。
ね!? 男の書斎って女性にとっても魅力的でしょう?

ARCHITECT POINT

壁一面に一切のムダなく収められたシナ材のオーダーメイド棚。仕事のための書類や書籍はもちろん、大切なコレクションも思う存分ディスプレイできます。
広いデスクは可動式。部屋を広く使いたい時や壁に向かって集中したいときには壁面側に寄せることも可能です。
デスク横に大きく設置したボードはマグネット対応なので、メモやプリント類を留めておくこともできれば、直接マーカーで書き込むこともできます。
デスク背面の壁にはセメント系スレート板を貼り合わせました。
無垢材の板は一枚として同じものがないのが魅力。セメント、木、スチール、それぞれの質感が無骨さの中にノスタルジックな懐かしさをプラスした空間を演出します。

DESIGN | T.OKAMOTO / EDGE

SPEC

天井

クロス 白

クロス 白

壁(アクセント)

スレート板

パーケットフローリング

照明

スポットライト

スイッチ・コンセント

SO-STYLEマット仕上げ

  • 家具

    棚 造作壁面収納

  • ホワイトボード

    収納壁面 ホワイトボード

【追加オプション】

椅子

書斎・リノベーション/標準オプション総額:250万円 / 16平米

TOP